全英OP優勝 バド渡辺・東野組が狙うダブルス2種目で「金」

公開日:  更新日:

 日本ペアが伝統の大会で頂点に立った。

 18日の全英オープン(バーミンガム)混合ダブルス決勝で渡辺勇大(20)、東野有紗(21)組が中国ペアを下し、優勝。108回目を迎えた伝統の一戦で同種目の日本勢初の快挙である。

 2人は福島の強豪・富岡一中でペアを結成。ジュニア世界選手権(ドイツ)優勝など、早くから頭角を現した。昨年の全英では3位に入り、東京五輪では金メダルを期待される。が、このペアの狙いは混合ダブルスだけではないという。

 渡辺、東野はそれぞれ、男子ダブルス、女子ダブルスにも取り組んでおり、混合と合わせて五輪出場はもちろん、表彰台を目指している。

 海外にはシングルスとダブルス、あるいはダブルス2種目を掛け持ちするトップクラスの選手は少なくないが、日本ではこれまで1種目に絞るケースが大半だった。リオ五輪女子ダブルス金メダルの松友美佐紀(26)のように混合ダブルスにも取り組む選手もいるとはいえ、あくまでも女子ダブルスのためのトレーニングの一環に過ぎない。まだ、20代前半と若い渡辺、東野は2種目とも力を入れ、本気でメダルを狙っているのだ。

 男女ダブルスの日本ランキングは渡辺が4位、東野が11位。2人は今後の成績次第では2種目での代表入りも決して不可能ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る