ツアー初Vで一躍 大坂なおみは東京五輪メダル候補筆頭に

公開日:

 BNPパリバ・オープン(米カリフォルニア州インディアンウェルズ)は18日(日本時間19日)、女子シングルス決勝を行い、世界ランキング44位の大坂なおみ(20)が、同19位のダリア・カサトキナ(20=ロシア)にセットカウント2―0でストレート勝ち。シングルスでツアー初優勝を果たした。今大会は1回戦で元世界1位のマリア・シャラポワ(30=ロシア)を、準決勝で現1位のシモナ・ハレプ(26=ルーマニア)を相次いで撃破。勢いをそのままに、日本女子では初めて4大大会に次ぐ格付けのビッグタイトルを手にした。

 180センチ、69キロ。ハイチ系米国人の父と日本人の母を持つ大坂は今大会、自慢の高速サーブだけでなく、左右にボールを打ち分け相手のスタミナを奪うプレーも光った。

 大坂の優勝は日本テニス界だけでなく、東京五輪が2年後に迫った日本オリンピック委員会(JOC)にとっても朗報だ。「金メダル数世界3位」(約30個)を目指すというJOCは、メダル総数は史上最多の41個だった前回のリオ五輪の倍以上を狙っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る