バド日本代表監督が独白 弱小国から世界トップになるまで

公開日:  更新日:

 昨夏のリオ五輪。バドミントン女子ダブルスで高橋・松友の「タカマツ」ペアが日本初の金メダルを獲得した。勝利の瞬間、コート内に倒れこむ高橋に駆け寄ったのが、朴柱奉ナショナルヘッドコーチ(監督=52)だ。2004年11月の日本代表監督就任後、世界選手権や五輪で初戦敗退を繰り返していた日本選手は明らかに変わった。ロンドン五輪の女子ダブルスで藤井・垣岩の「フジガキ」ペアが銀メダル、リオでは女子シングルスの奥原も銅を獲得。成長の裏には、旧態依然とした体質を打ち破った朴監督の改革があった。

 ◇  ◇  ◇

 昔の日本代表は、世界ランキングを上げる目的で、レベルの低い試合をこなしてポイントを稼いでいました。ランクは高いのに、大きな大会では簡単に負ける。世界選手権やオリンピックも、出場するためのチケット(権利)をもらって、そこで終わり――という状態でした。私はアテネ五輪後にナショナルコーチとして日本に来ましたが、アテネでは出場選手11人のうち、10人が1回戦負け。それでも「ランキングが低ければオリンピックチケットすらもらえない。チケットがあるんだからいいでしょ」という日本の考えに驚きましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る