故障選手も走って参加 DeNA“ド派手開幕セレモニー”の功罪

公開日: 更新日:

 おそらく12球団で一番ド派手な開幕セレモニーだったのではないか。

 DeNAは11年ぶりの本拠地開幕(東日本大震災による変則日程開幕の2011年を除く)とあって、試合前に30分間のセレモニーを実施した。打ち上げ花火を合図に、日本球界初のドローン80台による群体飛行を披露。右翼から一軍登録メンバー26人の選手が走ってグラウンドに登場すると、1人ずつマウンドに立ち、スポットライトを浴びた。

 この演出、段取りが細かいため、選手は前日練習後にリハーサルを行った。薄暮の影響で、ドローンによる光の演出がイマイチ見えにくい以外は成功……したはずだった。

 しかし、想定外のことが起きていた。新外国人のソトが右ふくらはぎを痛めたのだ。ソトの故障が公表されたのは開幕2日前の先月28日。翌日の練習は別メニューで調整していた。登録変更が可能なのは開幕翌日の31日以降で、セレモニーには一軍メンバーとして、ナインと共に走って参加。31日に抹消された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る