故障選手も走って参加 DeNA“ド派手開幕セレモニー”の功罪

公開日: 更新日:

 おそらく12球団で一番ド派手な開幕セレモニーだったのではないか。

 DeNAは11年ぶりの本拠地開幕(東日本大震災による変則日程開幕の2011年を除く)とあって、試合前に30分間のセレモニーを実施した。打ち上げ花火を合図に、日本球界初のドローン80台による群体飛行を披露。右翼から一軍登録メンバー26人の選手が走ってグラウンドに登場すると、1人ずつマウンドに立ち、スポットライトを浴びた。

 この演出、段取りが細かいため、選手は前日練習後にリハーサルを行った。薄暮の影響で、ドローンによる光の演出がイマイチ見えにくい以外は成功……したはずだった。

 しかし、想定外のことが起きていた。新外国人のソトが右ふくらはぎを痛めたのだ。ソトの故障が公表されたのは開幕2日前の先月28日。翌日の練習は別メニューで調整していた。登録変更が可能なのは開幕翌日の31日以降で、セレモニーには一軍メンバーとして、ナインと共に走って参加。31日に抹消された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る