プロ初登板初勝利 DeNA京山は“ハマのマエケン”になれるか

公開日: 更新日:

 1日、DeNAの右腕・京山将弥(19)がヤクルト戦でプロ初登板・初先発・初勝利。開幕3戦目の大抜擢に応え、5回5安打1失点でチームの連敗を止めた。

「初回、マウンドに走っていくときが一番緊張しました。(今までで)2、3番目くらいに緊張した。一番は高校最後の夏に投げた県予選の1回戦。それに比べたら全然です。(高校は)負けたら終わりなので」

 近江(滋賀)から16年のドラフト4位で入団。ラミレス監督が「キャンプから顔つきが落ち着いていた。セルフコントロールもできている」と感心すれば、木塚投手コーチはこう言った。

「物おじしない性格。キャンプで先輩とブルペンで投げていても、緊張することなく淡々と投げていた。でも、キャンプが二軍だったので、今日はまだ“お客さん”のような雰囲気があった。だから試合前にみんなの前でしゃべらせると、『みなさん、今日はよろしくお願いします!』と言ってたよ。練習も真面目で、秋の投げ込みは浜口の次に多く投げていた。体は細いけど、徐々にプロ野球選手らしい体にしていけばいい。あすは、しっかり走らせるよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る