平野美宇を丸裸に 中国勢の執念と五輪代表へのサバイバル

公開日:

 メダルをかけた戦いは惨敗だった。

 卓球女子ワールドカップ(W杯)ディフェンディングチャンピオンの平野美宇(17)は準決勝で中国の劉詩●(●は雨カンムリに文の旧字体・26=中国)に0―4で敗れ、3位決定戦でも昨年の決勝で勝った鄭怡静(25)に2―4で負けて4位だった。

 昨年は初出場で日本選手初、史上最年少(16歳)優勝の偉業を成し遂げたとはいえ、中国勢は参戦していなかった。

 平野はその後、4月のアジア選手権(中国・無錫)の準々決勝から、リオ五輪個人・団体金の丁寧(27=世界ランク1位)、朱雨玲(22=同2位)、陳夢(23=当時5位)という中国勢3人を倒し優勝。W杯の金メダルがまぐれでないことを証明した。

 これで中国は本気になり、平野の研究に本腰を入れた。6月の世界選手権シングルス準決勝では丁寧が4―1でリベンジ。平野は銅メダルに終わり、今大会はメダルなしだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る