平野美宇を丸裸に 中国勢の執念と五輪代表へのサバイバル

公開日: 更新日:

 メダルをかけた戦いは惨敗だった。

 卓球女子ワールドカップ(W杯)ディフェンディングチャンピオンの平野美宇(17)は準決勝で中国の劉詩●(●は雨カンムリに文の旧字体・26=中国)に0―4で敗れ、3位決定戦でも昨年の決勝で勝った鄭怡静(25)に2―4で負けて4位だった。

 昨年は初出場で日本選手初、史上最年少(16歳)優勝の偉業を成し遂げたとはいえ、中国勢は参戦していなかった。

 平野はその後、4月のアジア選手権(中国・無錫)の準々決勝から、リオ五輪個人・団体金の丁寧(27=世界ランク1位)、朱雨玲(22=同2位)、陳夢(23=当時5位)という中国勢3人を倒し優勝。W杯の金メダルがまぐれでないことを証明した。

 これで中国は本気になり、平野の研究に本腰を入れた。6月の世界選手権シングルス準決勝では丁寧が4―1でリベンジ。平野は銅メダルに終わり、今大会はメダルなしだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る