平野美宇を丸裸に 中国勢の執念と五輪代表へのサバイバル

公開日: 更新日:

 メダルをかけた戦いは惨敗だった。

 卓球女子ワールドカップ(W杯)ディフェンディングチャンピオンの平野美宇(17)は準決勝で中国の劉詩●(●は雨カンムリに文の旧字体・26=中国)に0―4で敗れ、3位決定戦でも昨年の決勝で勝った鄭怡静(25)に2―4で負けて4位だった。

 昨年は初出場で日本選手初、史上最年少(16歳)優勝の偉業を成し遂げたとはいえ、中国勢は参戦していなかった。

 平野はその後、4月のアジア選手権(中国・無錫)の準々決勝から、リオ五輪個人・団体金の丁寧(27=世界ランク1位)、朱雨玲(22=同2位)、陳夢(23=当時5位)という中国勢3人を倒し優勝。W杯の金メダルがまぐれでないことを証明した。

 これで中国は本気になり、平野の研究に本腰を入れた。6月の世界選手権シングルス準決勝では丁寧が4―1でリベンジ。平野は銅メダルに終わり、今大会はメダルなしだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

  10. 10

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

もっと見る