卓球のプロとアマをめぐるシビアな人的交流の中で生きる

公開日:

 3月30日、ワールドカップのシングルスで16歳の史上最年少優勝を果たした平野美宇が、JOCエリートアカデミー(EA)を出てプロ入りすると宣言した。平野を13歳から育てたのは中国人の美人コーチ劉潔と、石川佳純も育てた中澤鋭。現在のEAのコーチングスタッフは男子監督の偉関晴光、女子監督の中澤鋭を筆頭に、ほぼ全員が中国人で、宇さんもサポートスタッフに名を連ねている。

 日中の問題というより、卓球のアマプロをめぐる現実的かつシビアな人的交流と言えるだろう。張本は、こうしたシビアなピンポン球の行き来の中でたくましく生きていこうとしている。

■バスを乗り継いで新潟から帰国

 東日本大震災から7年目の日、張本はSNSのツイッターを更新した。

「3月11日だけは忘れることはできません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る