卓球のプロとアマをめぐるシビアな人的交流の中で生きる

公開日:

 仙台の自宅で家族と一緒に被災したのは小学2年生のとき。自宅に大きな被害はなかったが翌々日、一家は混乱するバスを乗り継いで新潟から帰国した。

「田舎の両親が心配して、どうしても帰ってこいと……」(凌さん)

 2人の郷里・四川省は08年の北京五輪直前に、死者・行方不明者8万7398人を出す大地震を経験していたからだ。

 凌さんは「あれからずいぶん大人になった気がします」とつぶやいた。

 張本が卒業した東宮城野小は震災後、津波被害に遭った荒浜小の生徒を受け入れ、張本の学年にも8人が移ってきた。中林和雄校長はこう振り返る。

「同級生はみな智和君が好きだった。本人は卓球と学校は完全に割り切っていましたが、卒業前には、智和君と卓球で対戦する行事を率先してやってくれ、にぎやかにいい思い出をつくってくれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る