なぜ? ボストン出場のMGCファイナリストは川内優輝だけ

公開日:

 公務員ランナーの川内優輝(31)がボストンマラソンで優勝した。気温3度。冷たい雨に強風という悪コンディションの中、2位に2分25秒もの大差をつけて2時間15分58秒でゴールした。今大会での日本勢の優勝は87年の瀬古利彦以来31年ぶりの快挙だ。

 このレースが始まったのは1897年。ギリシャ(アテネ)で近代五輪が始まった翌年。単独のマラソン大会としては最古の歴史があり、君原健二(68年メキシコ五輪銀)が優勝した1966年には日本勢が4位まで独占したこともある。

 今年は川内以外に、日本勢は3選手が出場。昨年は大迫傑が2時間10分28秒の時計で3位に入った。

 不思議なのは東京五輪代表を決めるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナル(19年9月以降開催)の出場を決めた13選手のうち、川内以外は出ていないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る