世界選手権へ出発 石川佳純は18歳を率いる“引率の先生”役

公開日: 更新日:

 引率の先生――という気分かもしれない。

 卓球女子の日本代表が23日、世界選手権団体戦(29日開幕=スウェーデン)に向けて成田空港を出発。報道陣の取材に「新チームは雰囲気もいい。目標は優勝です」と意気込んだ主将の石川佳純が率いるのは、平均年齢18.4歳というフレッシュなチームである。

 代表5人は、25歳で最年長の石川の他に18歳の平野美宇(右端)、同学年で17歳の伊藤美誠(中央)、早田ひな(左から2人目)、それに15歳の長崎美柚(右から2人目)という面々だ。実績はあっても、まだまだ無邪気な平野、伊藤らをまとめるのは苦労もあろう。

 カメラマンの求めに応じた記念撮影では、端っこにおさまって優しい笑みを浮かべていた石川。早くも“先生役”が板についていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る