友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

エンゼルス大谷は要注意 死球に牙をむく5人の“武闘派”打者

公開日: 更新日:

■カルロス・ゴメス(レイズ)
 メジャーきっての瞬間湯沸かし器。少年時代は野球より柔道に打ち込んでいたのでパンチの応酬より、取っ組み合いに強い。

■ジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)
 口汚くののしって挑発するタイプ。ゴロツキ言葉を連発するのが特徴で、一昨年、エンゼルスの投手コーチと揉めた際、「Suck my cock!(直訳すると、俺のチ○ポコをくわえろ!)」と毒づいて、審判から即、退場処分を受けた。

■ヤシエル・プイグ(ドジャース)
 感情をコントロールできないメジャーきってのヒール。場所と状況をわきまえずに怒り出す傾向があり、死球に怒るだけでなく、ファーストゴロを打った後、ベースカバーに入った投手にケンカを売ることも。3年前には実の妹と口論になりボコボコにして警察に逮捕された前科もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る