鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔アメリカ野球愛好会副代表

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

「スタバ事件」が象徴的 メジャーにはびこる“暗黙の差別”

公開日: 更新日:

 ブラッド・ピットが主演した1993年の米国映画「カリフォルニア」には、印象的な場面が出てくる。

 一文無しの主人公アーリー(ブラッド・ピット)は旅費を調達するため、立ち寄ったガソリンスタンドで男性の利用客を襲撃して金銭を強奪しようとする。そして、ガソリンスタンドの従業員から鍵を借りた男性に続いてトイレに入り込み、凶行に及ぶのだ。

 一部で暗証番号の入力やコインの投入などが必要であるとはいえ、日本の商業施設内のトイレは基本的に施錠されていない。これに対し、米国ではファストフード店やガソリンスタンドなど、多くの施設でトイレが施錠されている。

 防犯対策、さらには「飲食店は用を足すだけの場所ではない」という前提から考えれば、店側がトイレに施錠することも不思議ではない。

 だが、店側の対応が人種差別とみなされかねない場合もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  10. 10

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る