• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

森岡隆三<1>「代表一丸で戦うには個々の“人間力”も大事」

 ロシアW杯2カ月前のハリルホジッチ監督電撃解任に日本代表が揺れ動いている。16年前の2002年日韓W杯直前もトルシエ監督のメンバー発表会見不在、背番号10の中村俊輔(磐田MF)落選など混乱が少なからずあった。初戦ベルギー戦にキャプテンマークを巻いて先発しながら、負傷交代を強いられた森岡隆三(J3鳥取監督)もアクシデントに見舞われたひとり。「魔物がすむ」といわれる大舞台に挑む心構えを聞いた。

■「W杯は抹消したい記憶」

「日韓W杯は、僕にとって抹殺したい記憶でもあります」。開口一番、森岡は衝撃的な言葉を発した。2―1とリードしていたベルギー戦後半27分に相手と接触。左足裏がしびれてズキズキと痛み出し、足首から下の感覚がなくなるという苦い経験が蘇ったからだろう。

「状況は『これは何なんだ』という感じ。チームドクターはOKと言うけど、違和感が拭えない。プレーを続行しようとしたけど、チームに迷惑はかけられない。自らピッチに座り込みました」と神妙な面持ちで話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る