松山英樹が大失態で出遅れ 名物17番パー3で「8」の大叩き

公開日: 更新日:

【ザ・プレーヤーズ選手権】

 第5のメジャーと呼ばれる「ザ・プレーヤーズ選手権」が米フロリダ州・TPCソーグラス(パー72)で現地時間10日に開幕。5年連続出場の松山英樹(26)が、名物アイランドグリーンの17番パー3(126ヤード)で「8」の大失態を演じた。

 距離の短いホールだがピンはグリーン手前に立ち、追い風の状況で1打目はグリーンに届かず池ポチャ。打ち直しの3打目はグリーンを囲む枕木に当たりスタンスがとりづらい小さいバンカーに飛び込んでしまう。4打目は勢いよく飛び出してグリーンに止まらず2度目の池ポチャ。6打目はドロップゾーンまで戻って打ち直すもグリーンに乗せるのがやっと。2パットでホールアウトした。

 この日の松山はショット、パットとも精彩を欠き79を叩いて7オーバー139位タイに沈んだ。また小平智(28)は2オーバー95位タイだった。

●松山の話「17番に関してはどうしたらいいのかなぁ、という思いだった。カットラインには、あす7アンダーか8アンダーが必要になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る