• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山英樹が大失態で出遅れ 名物17番パー3で「8」の大叩き

【ザ・プレーヤーズ選手権】

 第5のメジャーと呼ばれる「ザ・プレーヤーズ選手権」が米フロリダ州・TPCソーグラス(パー72)で現地時間10日に開幕。5年連続出場の松山英樹(26)が、名物アイランドグリーンの17番パー3(126ヤード)で「8」の大失態を演じた。

 距離の短いホールだがピンはグリーン手前に立ち、追い風の状況で1打目はグリーンに届かず池ポチャ。打ち直しの3打目はグリーンを囲む枕木に当たりスタンスがとりづらい小さいバンカーに飛び込んでしまう。4打目は勢いよく飛び出してグリーンに止まらず2度目の池ポチャ。6打目はドロップゾーンまで戻って打ち直すもグリーンに乗せるのがやっと。2パットでホールアウトした。

 この日の松山はショット、パットとも精彩を欠き79を叩いて7オーバー139位タイに沈んだ。また小平智(28)は2オーバー95位タイだった。

●松山の話「17番に関してはどうしたらいいのかなぁ、という思いだった。カットラインには、あす7アンダーか8アンダーが必要になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る