松山英樹が大失態で出遅れ 名物17番パー3で「8」の大叩き

公開日: 更新日:

【ザ・プレーヤーズ選手権】

 第5のメジャーと呼ばれる「ザ・プレーヤーズ選手権」が米フロリダ州・TPCソーグラス(パー72)で現地時間10日に開幕。5年連続出場の松山英樹(26)が、名物アイランドグリーンの17番パー3(126ヤード)で「8」の大失態を演じた。

 距離の短いホールだがピンはグリーン手前に立ち、追い風の状況で1打目はグリーンに届かず池ポチャ。打ち直しの3打目はグリーンを囲む枕木に当たりスタンスがとりづらい小さいバンカーに飛び込んでしまう。4打目は勢いよく飛び出してグリーンに止まらず2度目の池ポチャ。6打目はドロップゾーンまで戻って打ち直すもグリーンに乗せるのがやっと。2パットでホールアウトした。

 この日の松山はショット、パットとも精彩を欠き79を叩いて7オーバー139位タイに沈んだ。また小平智(28)は2オーバー95位タイだった。

●松山の話「17番に関してはどうしたらいいのかなぁ、という思いだった。カットラインには、あす7アンダーか8アンダーが必要になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る