マエケン8回2安打無失点で3勝目 ドジャースの窮状救う好投

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(30)がチームの窮状を救った。

 17日(日本時間18日)のマーリンズ戦に登板。8回を2安打無失点、無四球の8奪三振で3勝目(3敗)をマーク。持ち前の制球力を生かした丁寧な投球で、4月18日のパドレス戦以来、約1カ月ぶりの白星で、チームの連敗も6で止めた。

 マーリンズ・田沢は1回を1本塁打含む4安打3失点。試合後、戦力外通告を受けた。

▽前田の話
「勝てなかったので、気持ちを入れて投げた。自分の思うような感覚で投げられた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る