賭博騒動後に生活改善 桃田が手に入れたポパイ並みの肉体

公開日: 更新日:

 バドミントンの国・地域別対抗戦の男子トマス杯で4年ぶりの表彰台(準優勝)に立った日本代表が28日に凱旋。

 決勝で中国に敗れて2大会ぶりの優勝は逃したが、シングルスのエースである桃田賢斗(23)が、予選から6戦全勝をマーク。違法賭博行為でリオ五輪代表から外れるなど、一時は戦列を離れたが、国際試合での完全復活をアピールした。

 資格停止処分を受けた約1年間は、技術向上とともに肉体改造に着手。それまで熱心ではなかった筋トレや走り込みで汗を流した。

 食生活の改善に取り組み、大の苦手だった野菜も積極的に取るようになった。中でも好んで食べているのは、ホウレンソウ。栄養士から、ホウレンソウに含まれる鉄分が持久力向上につながるとすすめられ、味付けを変えて毎日のように食べている。

 走り込みの成果もあり、昨年3月に戦列復帰してからは、持久力のある東南アジアの選手と対戦してもスタミナ切れすることはなくなったという。桃田は違法賭博と引き換えに、ポパイのような強靱な肉体を手に入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る