移籍騒動で大揺れ バド福島&広田組と恩師の気になる関係

公開日: 更新日:

 10日、バドミントン日本代表が、国別対抗戦(20日開幕=バンコク)に向けた合宿を公開。

 先月末に再春館製薬所を退社し、岐阜トリッキーパンダースに入社した世界ランキング3位の福島由紀(25=写真右)、広田彩花(23=同左)組も約1時間、汗を流した。

 すでに日本協会による移籍手続きが完了。今後は「岐阜」で、再春館製薬所元監督の今井彰宏氏(48)の指導を受け、東京五輪出場を目指す。

 福島、広田の2人が大企業の安定した正社員の立場を捨ててまで移籍したのは、今井氏の指導に傾倒しているからに他ならない。

 複数のバドミントン関係者によれば、今井氏は常に海外にアンテナを張り、戦術の情報収集に余念がない。研究熱心なうえに、理論派としても知られる。新たな練習、トレーニングを取り入れる際には、不安や迷いを取り除くため、選手が納得するまで説明を繰り返すという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る