バド選手移籍めぐり紛糾…実業団スポーツの悪しき“足かせ”

公開日: 更新日:

 人権問題と言っても過言ではない。昨年のバドミントン世界選手権女子ダブルス銀メダルの福島由紀(24)、広田彩花(23)組の2人が今月末をもって再春館製薬所(以下、再春館)を退社する意思を固め、既に辞表を提出。今後は、日本リーグ所属のクラブチーム、岐阜トリッキーパンダースに移籍する予定だったが、24日のスポーツ紙には「再春館は移籍を認めない方針」と報じられた。

 日本実業団連盟の取り決めでは、前所属先の移籍承認が得られない場合は、国内の団体戦に2年間出場できない。再春館は同日、移籍を認めないとの報道について「そのような発表はしておりません」と否定したものの、選手の移籍に「足かせ」があることに批判の声は少なくない。

■日本マラソン低迷の元凶にも

 選手を縛る「決まり」があるのはバドミントンだけではない。実業団の陸上選手も、所属チームの部長と監督の連名による退部証明書がなければ移籍できない。箱根駅伝で史上6校目の4連覇を果たした青学大の原晋監督(51)は、「選手が自分に適した環境、よい監督の指導を受けたいという時にハンコを押さない監督が多い。選手の現役生活は短い。アスリートファーストで考えるべき」というのが持論だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  7. 7

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  10. 10

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

もっと見る