日本バド界初の快挙も…山口茜「女王」維持に足りないもの

公開日:  更新日:

 世界バドミントン連盟(BWF)は19日、最新の世界ランキングを発表し、山口茜(20=再春館製薬)が、前回の2位から1位に浮上した。日本勢が世界ランクでトップに立つのは、女子ダブルスの高橋、松友組以来で、シングルスでは男女を通じて初の快挙だ。

 山口は昨年11月のスーパーシリーズプレミア中国オープンで優勝。同12月には世界ランク上位8人が出場して年間王者を決めるスーパーシリーズファイナル(ドバイ)で初めて頂点に立つなど、着実にランキングポイントを積み重ねてきた。女子シングルス日本代表ではリオ五輪銅メダルの奥原希望(23)と並ぶエース格である。

 福井・勝山高3年時の15年6月に初めて世界ランクトップ10入りしてから、約3年でトップに上り詰めた山口だが、女王の座は決して安泰ではない。

 長らく世界ランク1位に君臨し続けたライバルの戴資穎(23=台湾)が壁となって立ちはだかるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る