河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

セネガル編<中>勝敗は「FWマネを誰が潰すか?」にかかる

公開日:

 絶対的エースのFWマネを中心にアグレッシブなサッカーを展開するセネガルの攻撃陣に対し、西野ジャパンはどう守ればいいのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当の河治良幸氏による「セネガル徹底分析」第2弾。(聞き手=六川亨・元サッカーダイジェスト編集長)

 ――セネガルはデュエル(仏語で決闘の意)を前面に押し出し、フィジカル勝負を仕掛けてくるはず。どんな対策を日本代表は取ればいいのでしょうか?

「セネガルの基本布陣は4(DF)―3(MF)―3(FW)ですが、3月27日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦(0―0)では3バックの3―4―1―2も試しました。本来は右ウイングのFWマネが、トップ下に入って中央からチャンスに絡んでいくシステムです。マネにどうボールを触らせないか、これがポイントになります。日本はDFラインの前にアンカーを置いてマンマーク。守備の際は5バックに移行できる3―4―3の布陣を採用すべきだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る