河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

コロンビア編<中>中盤のバリオスがボールを持ったら狙い目

公開日: 更新日:

 ロシアW杯初戦の相手コロンビアは、タレントのそろった攻撃陣がクローズアップされるが、守備に関して弱点はないのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当の河治良幸氏による「徹底分析」第2弾。

■守備への切り替えが遅い

 ――コロンビアは南米予選を7勝6分け5敗の4位通過。21得点に対して失点も19と目立ちます。W杯出場を決めた後の韓国戦も1―2で敗れました。

「CBには経験が豊富なC・サパタとムリージョのコンビか、若いD・サンチェスとミナのコンビか、いずれにしても基本的にアンカーを務めるMFバリオスが最終ラインに入ってCB2人と3バックを形成し、両サイドバックを押し上げるスタイルです。ただし、バリオスは攻撃から守備への切り替えが遅く、日本にとってはバリオスがボールを持ったら狙い目です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る