河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

コロンビア編<中>中盤のバリオスがボールを持ったら狙い目

公開日:

 ロシアW杯初戦の相手コロンビアは、タレントのそろった攻撃陣がクローズアップされるが、守備に関して弱点はないのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当の河治良幸氏による「徹底分析」第2弾。

■守備への切り替えが遅い

 ――コロンビアは南米予選を7勝6分け5敗の4位通過。21得点に対して失点も19と目立ちます。W杯出場を決めた後の韓国戦も1―2で敗れました。

「CBには経験が豊富なC・サパタとムリージョのコンビか、若いD・サンチェスとミナのコンビか、いずれにしても基本的にアンカーを務めるMFバリオスが最終ラインに入ってCB2人と3バックを形成し、両サイドバックを押し上げるスタイルです。ただし、バリオスは攻撃から守備への切り替えが遅く、日本にとってはバリオスがボールを持ったら狙い目です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る