• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

コロンビア編<中>中盤のバリオスがボールを持ったら狙い目

 ロシアW杯初戦の相手コロンビアは、タレントのそろった攻撃陣がクローズアップされるが、守備に関して弱点はないのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当の河治良幸氏による「徹底分析」第2弾。

■守備への切り替えが遅い

 ――コロンビアは南米予選を7勝6分け5敗の4位通過。21得点に対して失点も19と目立ちます。W杯出場を決めた後の韓国戦も1―2で敗れました。

「CBには経験が豊富なC・サパタとムリージョのコンビか、若いD・サンチェスとミナのコンビか、いずれにしても基本的にアンカーを務めるMFバリオスが最終ラインに入ってCB2人と3バックを形成し、両サイドバックを押し上げるスタイルです。ただし、バリオスは攻撃から守備への切り替えが遅く、日本にとってはバリオスがボールを持ったら狙い目です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る