河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

セネガル編<上>デュエルを避けつつカウンターに勝機を

公開日:

 セネガルのW杯出場は2002年日韓W杯以来、4大会ぶり2度目となる。チームを率いるシセ監督は、日韓大会でセネガル旋風の立役者のひとりとしてベスト8入りに貢献した。あれから16年。どんなサッカーをやってくるのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当の河治良幸氏による「セネガル徹底分析」第1弾。 (聞き手=六川亨・元サッカーダイジェスト編集長)

 ――W杯の経験値では6大会連続出場の日本の方が上ですが、マネ(リバプールFW)ら多くの選手が、欧州の強豪でプレーしています。

「セネガルは、まずはフィジカルの強さを前面に押し出した戦い方をしてくるでしょう。オープンスペースを突くのではなく、あえて接触プレーを仕掛けてくる可能性も高い。1対1の局面が多くなるでしょう」

 ――ハリルホジッチ前監督が言っていたデュエル(フランス語で決闘の意味)が問われるゲームになります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る