俳優から転身 W杯決勝の笛を吹くアルゼンチン人審判の評判

公開日:

 レフェリーのハンドリング次第では、大荒れの展開となりそうだ。

 決勝の主審に指名されたネストル・ピタナ氏(43=アルゼンチン)は、開幕戦(ロシア―サウジアラビア)など、ここまで4試合で笛を吹いた。2014年ブラジルW杯、15年南米選手権をさばくなど、国際試合でのジャッジは豊富。W杯史上2人目となる開幕戦と決勝戦の主審を任されたことからも、FIFAにレフェリングを高く評価されていることがうかがえる。

 俳優からレフェリーに転身した異色の経歴を持つピタナ氏。現在の本職は高校の体育教師ということもあり、反則に対して厳しい姿勢で臨んでいるのだろう。実はレッドカード(退場)、イエローカード(警告)を出す回数が多いことで知られている。

 国際審判の情報サイト「ワールドレフェリー」によれば、ピタナ氏は今W杯前までに国際試合の主審を87試合務め、1試合平均で出したカードはレッド0.24枚、イエロー4.62枚。17年の年間最優秀審判に選ばれたドイツ人のフェリックス・ブライヒ氏(レッド0.20、イエロー3.88)と比べてもピタナ氏のカードの多さが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る