森保監督にA代表専任案 “東京五輪監督浮上”手倉森氏の不安

公開日: 更新日:

 ロシアW杯を視察していた日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(57)が13日、帰国した。

 退任の決まっている西野朗監督(63)の後任は、東京五輪を戦う現U―21日本代表の森保一監督(49)が濃厚となっている。当初は兼任が有力だったが、かねて「負担が大きい」との声もあり、ここにきてA代表専任案が浮上。そうなれば、東京五輪監督が空位になり、早急に後任を決定する必要がある。

 浮上しているのは、西野ジャパンでコーチ、リオ五輪で代表監督を務めた手倉森誠氏(50)だ。

「森保監督がA代表に専念するなら、五輪監督はリオを経験している手倉森氏以外はいない、という声が一部にあるのは事実です。人柄が良く、選手のやる気を引き出す“モチベーター”として一定の評価はある。リオ五輪の最終戦直後にロッカールームで涙を流しながら訓示した時は、選手も胸を打たれた。ただ、コーチタイプで監督としての評価は高くありません。リオ五輪は1勝1敗1分けで1次リーグ敗退。戦術も練習内容も時代遅れで、Jリーグの各クラブからは敬遠されています」(日本協会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る