森保監督にA代表専任案 “東京五輪監督浮上”手倉森氏の不安

公開日: 更新日:

 ロシアW杯を視察していた日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(57)が13日、帰国した。

 退任の決まっている西野朗監督(63)の後任は、東京五輪を戦う現U―21日本代表の森保一監督(49)が濃厚となっている。当初は兼任が有力だったが、かねて「負担が大きい」との声もあり、ここにきてA代表専任案が浮上。そうなれば、東京五輪監督が空位になり、早急に後任を決定する必要がある。

 浮上しているのは、西野ジャパンでコーチ、リオ五輪で代表監督を務めた手倉森誠氏(50)だ。

「森保監督がA代表に専念するなら、五輪監督はリオを経験している手倉森氏以外はいない、という声が一部にあるのは事実です。人柄が良く、選手のやる気を引き出す“モチベーター”として一定の評価はある。リオ五輪の最終戦直後にロッカールームで涙を流しながら訓示した時は、選手も胸を打たれた。ただ、コーチタイプで監督としての評価は高くありません。リオ五輪は1勝1敗1分けで1次リーグ敗退。戦術も練習内容も時代遅れで、Jリーグの各クラブからは敬遠されています」(日本協会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る