森保監督にA代表専任案 “東京五輪監督浮上”手倉森氏の不安

公開日:  更新日:

 ロシアW杯を視察していた日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(57)が13日、帰国した。

 退任の決まっている西野朗監督(63)の後任は、東京五輪を戦う現U―21日本代表の森保一監督(49)が濃厚となっている。当初は兼任が有力だったが、かねて「負担が大きい」との声もあり、ここにきてA代表専任案が浮上。そうなれば、東京五輪監督が空位になり、早急に後任を決定する必要がある。

 浮上しているのは、西野ジャパンでコーチ、リオ五輪で代表監督を務めた手倉森誠氏(50)だ。

「森保監督がA代表に専念するなら、五輪監督はリオを経験している手倉森氏以外はいない、という声が一部にあるのは事実です。人柄が良く、選手のやる気を引き出す“モチベーター”として一定の評価はある。リオ五輪の最終戦直後にロッカールームで涙を流しながら訓示した時は、選手も胸を打たれた。ただ、コーチタイプで監督としての評価は高くありません。リオ五輪は1勝1敗1分けで1次リーグ敗退。戦術も練習内容も時代遅れで、Jリーグの各クラブからは敬遠されています」(日本協会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る