八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

“ロシアW杯ロス”真っ只中 日本サッカーが進むべき将来像は

公開日:

 ロシアW杯の期間中はスカパー!のトーク番組のMCを務めました。

 レジェンドの釜本邦茂さんや奥寺康彦さん、サッカー界のビッグネームのべ61人に参加していただいてロシアW杯はもちろん、サッカーにまつわるウンチク話や裏話、日本代表の現在・過去・未来について、厳しくも温かい視点でいろいろと語ってもらいました。

 25回を数えた最終回には金田喜稔さん、都並敏史さん、岡野雅行さんの元日本代表選手に登場していただき、それぞれロシアW杯の「殊勲賞」「技能賞」「敢闘賞」を選んでもらいました。

 金田さんは、殊勲賞に技術の高さを生かしたチームプレーと高速カウンターで3位に入ったベルギーを、敢闘賞に攻守にわたって粘り強く戦って準優勝となったクロアチアを挙げてくれました。

 技能賞はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る