八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

“ロシアW杯ロス”真っ只中 日本サッカーが進むべき将来像は

公開日: 更新日:

 ロシアW杯の期間中はスカパー!のトーク番組のMCを務めました。

 レジェンドの釜本邦茂さんや奥寺康彦さん、サッカー界のビッグネームのべ61人に参加していただいてロシアW杯はもちろん、サッカーにまつわるウンチク話や裏話、日本代表の現在・過去・未来について、厳しくも温かい視点でいろいろと語ってもらいました。

 25回を数えた最終回には金田喜稔さん、都並敏史さん、岡野雅行さんの元日本代表選手に登場していただき、それぞれロシアW杯の「殊勲賞」「技能賞」「敢闘賞」を選んでもらいました。

 金田さんは、殊勲賞に技術の高さを生かしたチームプレーと高速カウンターで3位に入ったベルギーを、敢闘賞に攻守にわたって粘り強く戦って準優勝となったクロアチアを挙げてくれました。

 技能賞はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る