ポスト西野は意思にあらず 森保氏“A代表専任”に難色の理由

公開日:

 ポスト西野は「森保ジャパン」で落ち着いてきた。23歳以下の五輪代表監督である森保一・日本代表コーチ(49)が代表監督に就任。五輪代表監督を兼任するという流れになっているのである。

「もっとも兼任は負担が大きいと日本サッカー協会は危惧し、代表監督に専念させる方向で調整が行われているところです」(マスコミ関係者)

 空席となる五輪代表監督には、2016年リオ五輪に日本代表を率いて出場した手倉森誠・現日本代表コーチの復帰プランが浮上しているともっぱら。

 確かに、代表監督と五輪監督の兼務は、スケジュール的にも難しい面が少なくない。例えば、東京五輪世代の21歳以下日本代表は11月に海外遠征を予定しているが、同じころに日本代表の活動時期が重なり、海外遠征のスケジュールを変更する必要に迫られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る