鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

公開日: 更新日:

 ポスト西野監督に注目が集まる中、W杯の準決勝と決勝を視察して17日に帰国した日本サッカー協会(JFA)の田嶋会長(60)は「(誰かに)オファーを出したとも、出してないとも言えない。慌てて決めるものではないが、最終的な詰めのところにきていると思います」とコメント。森保五輪代表監督(49)については「日本人の中では実績ナンバーワン監督。だからこそ五輪の監督に選んだ」と前置きした上で「今のところはそれ以外、何ものでもないと思っています」と明言を避けたが、森保代表監督体制が既定路線といわれる中、ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏が異論を唱える。

  ◇  ◇  ◇

 就任2カ月ちょっとでロシアW杯の本大会を迎え、大きなプレッシャーの中で西野監督はMF香川、左MF乾、司令塔MF柴崎らを中心にけれんみのない攻撃を展開し、決勝トーナメント進出を決めた。しかし――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  4. 4

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る