ライバルがパンパシ欠場も池江璃花子「好結果出す」と決意

公開日: 更新日:

 競泳界の女王争いはお預けとなった。

 日本女子のエースである池江璃花子(18=淑徳巣鴨高)のライバルで、リオ五輪女子100メートル自由形金メダルのペニー・オレクシアク(18=カナダ)が国別で競うパンパシフィック選手権(8月9日開幕、東京)を欠場することが明らかになった。

 池江は、オレクシアクとジュニア時代からしのぎを削ってきた。メダル争いに注目が集まったリオ五輪では、2個のメダル(100メートル自由形金、100メートルバタフライ銀)を獲得したカナダ人スイマーに軍配が上がった。

 パンパシでの再戦を前に23日、関東高校大会(横浜)の100メートル自由形で自身が持つ日本記録(53秒03)に迫る53秒47の好タイムで優勝。800メートルリレーでも4人をごぼう抜きしてチームの優勝に貢献した。パンパシを前に上り調子だったが、ライバル不在で本番を迎える。

 池江は「残念だけど、私はパンパシで好結果を出して、強くなる姿を見せていけたら」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る