ライバルがパンパシ欠場も池江璃花子「好結果出す」と決意

公開日:

 競泳界の女王争いはお預けとなった。

 日本女子のエースである池江璃花子(18=淑徳巣鴨高)のライバルで、リオ五輪女子100メートル自由形金メダルのペニー・オレクシアク(18=カナダ)が国別で競うパンパシフィック選手権(8月9日開幕、東京)を欠場することが明らかになった。

 池江は、オレクシアクとジュニア時代からしのぎを削ってきた。メダル争いに注目が集まったリオ五輪では、2個のメダル(100メートル自由形金、100メートルバタフライ銀)を獲得したカナダ人スイマーに軍配が上がった。

 パンパシでの再戦を前に23日、関東高校大会(横浜)の100メートル自由形で自身が持つ日本記録(53秒03)に迫る53秒47の好タイムで優勝。800メートルリレーでも4人をごぼう抜きしてチームの優勝に貢献した。パンパシを前に上り調子だったが、ライバル不在で本番を迎える。

 池江は「残念だけど、私はパンパシで好結果を出して、強くなる姿を見せていけたら」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る