日本新で3連覇 池江璃花子は東京五輪で9種目出場の可能性

公開日: 更新日:

 女子高生スイマーがまた、記録を塗り替えた。

 4日の競泳日本選手権女子100メートルバタフライで池江璃花子(17)が、56秒38で3連覇を達成。自身の持つ日本記録(56秒58)を更新して日本代表入りを決めた。

 リオ五輪では日本勢史上最多の7種目(リレー含む)にエントリーも、今大会はバタフライ、自由形(いずれも50、100メートル)の4種目のみ。指導する村上二美也コーチによれば、主要な国際大会でメダルを取っていない池江に、まずは8月のアジア大会(ジャカルタ)で、表彰台に上がって自信を付けさせる狙いからだという。

 今後は個人メドレーにも本格的に取り組む予定で、村上コーチは「東京五輪まで、あと2年あるので、あらゆる種目を見据えたい」と最大9種目出場の可能性を示唆している。

 9種目となれば女子では異例。リオ五輪で3個の金メダルを獲得し、“鉄の女”の異名を取るカティンカ・ホッスー(28=ハンガリー)ですら5種目だった。

 池江は東京五輪で、憧れの“鉄の女”超えを目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る