日本新で3連覇 池江璃花子は東京五輪で9種目出場の可能性

公開日: 更新日:

 女子高生スイマーがまた、記録を塗り替えた。

 4日の競泳日本選手権女子100メートルバタフライで池江璃花子(17)が、56秒38で3連覇を達成。自身の持つ日本記録(56秒58)を更新して日本代表入りを決めた。

 リオ五輪では日本勢史上最多の7種目(リレー含む)にエントリーも、今大会はバタフライ、自由形(いずれも50、100メートル)の4種目のみ。指導する村上二美也コーチによれば、主要な国際大会でメダルを取っていない池江に、まずは8月のアジア大会(ジャカルタ)で、表彰台に上がって自信を付けさせる狙いからだという。

 今後は個人メドレーにも本格的に取り組む予定で、村上コーチは「東京五輪まで、あと2年あるので、あらゆる種目を見据えたい」と最大9種目出場の可能性を示唆している。

 9種目となれば女子では異例。リオ五輪で3個の金メダルを獲得し、“鉄の女”の異名を取るカティンカ・ホッスー(28=ハンガリー)ですら5種目だった。

 池江は東京五輪で、憧れの“鉄の女”超えを目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  5. 5

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    綾野剛“激似”の清原翔は恋愛ドラマもイケる爽やか理系男子

  9. 9

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  10. 10

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

もっと見る