• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本新で3連覇 池江璃花子は東京五輪で9種目出場の可能性

 女子高生スイマーがまた、記録を塗り替えた。

 4日の競泳日本選手権女子100メートルバタフライで池江璃花子(17)が、56秒38で3連覇を達成。自身の持つ日本記録(56秒58)を更新して日本代表入りを決めた。

 リオ五輪では日本勢史上最多の7種目(リレー含む)にエントリーも、今大会はバタフライ、自由形(いずれも50、100メートル)の4種目のみ。指導する村上二美也コーチによれば、主要な国際大会でメダルを取っていない池江に、まずは8月のアジア大会(ジャカルタ)で、表彰台に上がって自信を付けさせる狙いからだという。

 今後は個人メドレーにも本格的に取り組む予定で、村上コーチは「東京五輪まで、あと2年あるので、あらゆる種目を見据えたい」と最大9種目出場の可能性を示唆している。

 9種目となれば女子では異例。リオ五輪で3個の金メダルを獲得し、“鉄の女”の異名を取るカティンカ・ホッスー(28=ハンガリー)ですら5種目だった。

 池江は東京五輪で、憧れの“鉄の女”超えを目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る