サッカー日本代表 森保全権監督の前途多難とベンゲルの影

公開日:

 次期日本代表監督に東京五輪世代のU―21(21歳以下)代表の森保一監督(49)の就任が、26日に正式発表された。

 日本サッカー協会(JFA)の田嶋会長、技術委員会の関塚委員長に挟まれ、ひな壇に座った森保次期代表監督は、A代表と東京五輪の監督を兼任することについて「光栄なこと。(打診を受けて)即決しました」と話したが、現実問題として兼任には多くの困難がつきまとう。もちろん森保次期監督も十分に承知しており、記者会見の途中に「2つの代表(を担当するの)は困難……。1人でやるのは不可能です」と表情を曇らせた。

 まず「日程問題」が重くのしかかってくる。

 森保ジャパンの初陣は8月18日に開幕する「アジア大会」(インドネシア)。サッカーは開幕に先立って14日から始まる見込み。日本が決勝まで勝ち進んだ場合、帰国日は9月3日となる可能性が高い。4日後の7日には札幌で、11日には大阪でキリンチャレンジ杯が予定されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る