ボロボロ藤浪だけじゃない “金本イズム”が虎の若手を潰す

公開日: 更新日:

「ホンマ、阪神ではダメかもしれんな……」

 ある阪神OBがこうボヤいたのが、26日の阪神―広島戦での藤浪だ。初回、打者7人に2安打4四球5失点でKO。3分の1回での降板はプロ入り最短だった。

 試合直前の豪雨により、開始が72分遅れたことは理由にはならないが、それにしても昨年4月のヤクルト戦で畠山の頭部にぶつけてからおかしくなった投球は、今も復調のきざしが見えない。前出OBは「藤浪の不調は畠山への頭部死球が原因ではないと思う」と言う。

「藤浪は高卒1年目から3年連続2ケタ勝ちを記録。それが、金本監督になると成績は急降下。16年が7勝11敗、昨年は3勝5敗。藤浪を狂わせたのは、金本監督1年目の懲罰続投とみている。7月の広島戦では立ち上がりに四死球絡みで失点し、三回までに5点を失ったが、八回まで161球を投げさせられた。昔の選手なら、反骨心をバネにして伸びる者も多かったが、今の若い選手は、褒めてナンボ。金本監督に対して不信感さえ抱いているかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る