武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

早くも始まった…“酷暑”東京オリンピックの責任逃れ

公開日:

 クソ暑い日が続く。あまり暑いからか、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長は、サマータイム導入まで言い出した。

 まるでお天道様が悪いような言い分である。今のうちに、酷暑オリンピックの責任の所在を明確にしておきたい。

 こんな時季になぜやるか――この疑問に対し、国際オリンピック委員会(IOC)の米国テレビ局の高額放映権料が目当てだという説がまことしやかに流れている。とんでもないイチャモンだ。

 夏季大会は1992年のバルセロナ大会以降、南半球のシドニー大会を例外にしてこの時季に開催されている。バルセロナ大会といえば、ベルリンの壁崩壊後、初めての大会で、アパルトヘイト政策を撤回した南ア共和国を迎え、キューバが初めて野球チームを連れて参加するなど、質的に大きく前進した大会だった。IOCはここから、多くの国、多くの人の参加を可能にする理想を進め、最も人が移動しやすいこの時季を大会期間に指定したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る