• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

早くも始まった…“酷暑”東京オリンピックの責任逃れ

 クソ暑い日が続く。あまり暑いからか、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長は、サマータイム導入まで言い出した。

 まるでお天道様が悪いような言い分である。今のうちに、酷暑オリンピックの責任の所在を明確にしておきたい。

 こんな時季になぜやるか――この疑問に対し、国際オリンピック委員会(IOC)の米国テレビ局の高額放映権料が目当てだという説がまことしやかに流れている。とんでもないイチャモンだ。

 夏季大会は1992年のバルセロナ大会以降、南半球のシドニー大会を例外にしてこの時季に開催されている。バルセロナ大会といえば、ベルリンの壁崩壊後、初めての大会で、アパルトヘイト政策を撤回した南ア共和国を迎え、キューバが初めて野球チームを連れて参加するなど、質的に大きく前進した大会だった。IOCはここから、多くの国、多くの人の参加を可能にする理想を進め、最も人が移動しやすいこの時季を大会期間に指定したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る