強面で仰天発言を連発 山根ボクシング連盟会長“闇の経歴”

公開日:

 助成金の不正流用についても、当事者の選手をあげつらって「おとなしそうな顔にだまされた」「やってることは仮面をかぶってますね」などと“口撃”。試合用グローブの独占販売を指示したとの疑惑については、元近大ボクシング部関係者が「事件にしようと思ってネットでいっぱい書いている」などと主張し、揚げ句、その人物を「前科モン」呼ばわり。オドロキなのは表に出てきた理由について、知人を通じて「元暴力団森田組の組長」から「『3日以内に引退しないと山根の過去をばらすぞ』という脅迫を受けた」からと暴露したことだ。暴力団との関係を自ら告白し、そのコワモテぶりをいかんなく発揮したのである。お茶の間の視聴者も、特異なキャラクターに仰天したに違いない。

■暴力団関係者との蜜月のウワサ

 連日ワイドショーで、このコワモテの“カリスマ”を見ない日はないが、ナゾに包まれているのが経歴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る