• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本ボクシング連盟を糾弾 JOCに送られた「告発状」の中身

 アマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟が大揺れだ。

 都道府県連盟の有志による「日本ボクシングを再興する会」が27日付で日本オリンピック委員会(JOC)、日本スポーツ振興センター(JSC)などに告発状を送付した件である。

 告発状によれば、JSCがリオデジャネイロ五輪男子ライト級に出場した成松大介選手(28=自衛隊)に対して交付した240万円の助成金を、日本連盟が3等分して別の2選手に80万円ずつが渡されていたと指摘。国費が充てられている助成金の不正流用の可能性があり、それを指示したのは日本連盟の山根明会長(78)だとしている。

 しかも、助成金の目的外使用を指摘された今年5月に、連盟幹部が成松選手と面談した際、複数の幹部が、「会長の命令っていうと、おかしくなっちゃうから」「あなたが(自分の意思で)分けてやったと言ってくれるとうれしい」などと、同選手に隠蔽をそそのかした疑いも浮上している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る