神戸監督が示唆 イニエスタ&ポドルスキ“揃い踏み”はあるか

公開日:  更新日:

「しっかり練習を見て判断する。可能性? 可能性はなくはない」

 7日、J1神戸の吉田孝行監督が言った。一時帰国していた前スペイン代表MFイニエスタ、骨折で戦線を離脱していた元ドイツ代表FWポドルスキが、11日のホーム磐田戦で初共演する可能性をメディア陣に聞かれ、こうコメントしたのだ。

 家族の引っ越し手続きのために1日のアウェーC大阪戦、5日のアウェーFC東京戦を欠場したイニエスタ。ガッカリしたのは、イニエスタの勇姿を一目見ようとチケットを買い求めたファンたちだ。2試合とも前売り段階でチケットは完売していたが、イニエスタが再来日したのは5日夜。FC東京の本拠地・味スタにはいちるの望みにかけたファン4万4801人が詰め掛け、今季最多となった7月22日の横浜M戦(3万4126人)を約1万人も上回った。

「FC東京ファンにしてみたら、勝敗的にはイニエスタ不在は大歓迎だったとはいえ、イニエスタを見たかった! というのがホンネ。FC東京の一部ファンは<イニエスタ 帰ってしまい 家ニスタ>と五・七・五の俳句をひねり、複雑な心境を吐露していた」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る