神戸監督が示唆 イニエスタ&ポドルスキ“揃い踏み”はあるか

公開日: 更新日:

「しっかり練習を見て判断する。可能性? 可能性はなくはない」

 7日、J1神戸の吉田孝行監督が言った。一時帰国していた前スペイン代表MFイニエスタ、骨折で戦線を離脱していた元ドイツ代表FWポドルスキが、11日のホーム磐田戦で初共演する可能性をメディア陣に聞かれ、こうコメントしたのだ。

 家族の引っ越し手続きのために1日のアウェーC大阪戦、5日のアウェーFC東京戦を欠場したイニエスタ。ガッカリしたのは、イニエスタの勇姿を一目見ようとチケットを買い求めたファンたちだ。2試合とも前売り段階でチケットは完売していたが、イニエスタが再来日したのは5日夜。FC東京の本拠地・味スタにはいちるの望みにかけたファン4万4801人が詰め掛け、今季最多となった7月22日の横浜M戦(3万4126人)を約1万人も上回った。

「FC東京ファンにしてみたら、勝敗的にはイニエスタ不在は大歓迎だったとはいえ、イニエスタを見たかった! というのがホンネ。FC東京の一部ファンは<イニエスタ 帰ってしまい 家ニスタ>と五・七・五の俳句をひねり、複雑な心境を吐露していた」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る