盟友は交友認め辞任 "日大のドン"黒い交際疑惑も再燃必至

公開日:

 また、トカゲのしっぽ切りだ。8日、辞任を表明した日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が、すでに日大の客員教授職を解任されていたことが日刊ゲンダイの調べで分かった。山根氏と日大の田中英寿理事長(71)は盟友だ。今年4月から1年間の予定で、山根氏がスポーツ科学部の客員教授に迎え入れられたのも、田中氏の口利きとの指摘もある。

 山根氏は、まだ日大で授業を行ったことがない。一度も授業を開かずにその座を追われる教授も珍しいが、これこそ日大の“ドン”の常套手段だ。疑惑噴出で山根氏が邪魔者になれば、いくら盟友であっても、あっさりとクビを切る。

■「ヤクザの親分は律儀だ」と感心

 アメフト部の悪質タックル問題では、前監督の内田正人前常務理事や井上奨前コーチに全責任を負わせて懲戒解雇。選手への口封じも子飼いの井ノ口忠男前理事に罪をかぶせ、田中氏は声明を発表しただけ。一度も会見を開かず、逃げ切りを図ろうとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る