盟友は交友認め辞任 "日大のドン"黒い交際疑惑も再燃必至

公開日: 更新日:

 また、トカゲのしっぽ切りだ。8日、辞任を表明した日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が、すでに日大の客員教授職を解任されていたことが日刊ゲンダイの調べで分かった。山根氏と日大の田中英寿理事長(71)は盟友だ。今年4月から1年間の予定で、山根氏がスポーツ科学部の客員教授に迎え入れられたのも、田中氏の口利きとの指摘もある。

 山根氏は、まだ日大で授業を行ったことがない。一度も授業を開かずにその座を追われる教授も珍しいが、これこそ日大の“ドン”の常套手段だ。疑惑噴出で山根氏が邪魔者になれば、いくら盟友であっても、あっさりとクビを切る。

■「ヤクザの親分は律儀だ」と感心

 アメフト部の悪質タックル問題では、前監督の内田正人前常務理事や井上奨前コーチに全責任を負わせて懲戒解雇。選手への口封じも子飼いの井ノ口忠男前理事に罪をかぶせ、田中氏は声明を発表しただけ。一度も会見を開かず、逃げ切りを図ろうとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    “泣き虫少女”の大坂なおみを変えた 恋人と敏腕マネの存在

もっと見る