松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

テレビで「めちゃくちゃ」連呼…御獄海に見る大相撲新時代

公開日: 更新日:

 名古屋場所千秋楽の夜、NHKの「サンデースポーツ」の優勝力士インタビューに御嶽海が出た。顔はどの角度から見ても「相撲取り」って感じだし、さて、何をしゃべるんか?

 元来、相撲取りってのは無口で、「おい、起きてっか?」てな反応が多いのは稀勢の里の例が示す。

 いや待てよ。稀勢の里だって、横綱になった途端にしゃべり始めて、お~、こいつ、いちおう考えてたんだ! と分かったときの驚きったらなかったもんだが、御嶽海はどうなんだ?

「めちゃくちゃ緊張しました」

「めちゃくちゃ賜杯重かったっす」

 ……めちゃくちゃを連発する相撲取りって今までいたか?

 インタビューする側も新体操出身の、しゃべりがたどたどしい上に、相撲用語をからっきし知らない可愛らしいねえちゃんだったりして、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る