松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

テレビで「めちゃくちゃ」連呼…御獄海に見る大相撲新時代

公開日:

 名古屋場所千秋楽の夜、NHKの「サンデースポーツ」の優勝力士インタビューに御嶽海が出た。顔はどの角度から見ても「相撲取り」って感じだし、さて、何をしゃべるんか?

 元来、相撲取りってのは無口で、「おい、起きてっか?」てな反応が多いのは稀勢の里の例が示す。

 いや待てよ。稀勢の里だって、横綱になった途端にしゃべり始めて、お~、こいつ、いちおう考えてたんだ! と分かったときの驚きったらなかったもんだが、御嶽海はどうなんだ?

「めちゃくちゃ緊張しました」

「めちゃくちゃ賜杯重かったっす」

 ……めちゃくちゃを連発する相撲取りって今までいたか?

 インタビューする側も新体操出身の、しゃべりがたどたどしい上に、相撲用語をからっきし知らない可愛らしいねえちゃんだったりして、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る