松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

テレビで「めちゃくちゃ」連呼…御獄海に見る大相撲新時代

公開日: 更新日:

 名古屋場所千秋楽の夜、NHKの「サンデースポーツ」の優勝力士インタビューに御嶽海が出た。顔はどの角度から見ても「相撲取り」って感じだし、さて、何をしゃべるんか?

 元来、相撲取りってのは無口で、「おい、起きてっか?」てな反応が多いのは稀勢の里の例が示す。

 いや待てよ。稀勢の里だって、横綱になった途端にしゃべり始めて、お~、こいつ、いちおう考えてたんだ! と分かったときの驚きったらなかったもんだが、御嶽海はどうなんだ?

「めちゃくちゃ緊張しました」

「めちゃくちゃ賜杯重かったっす」

 ……めちゃくちゃを連発する相撲取りって今までいたか?

 インタビューする側も新体操出身の、しゃべりがたどたどしい上に、相撲用語をからっきし知らない可愛らしいねえちゃんだったりして、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る