松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

甲子園を襲う「ゴジラ2世」にどう立ち向かう?

公開日: 更新日:

「過去の経験が役に立たないような現象が起きる」と気象庁が発表しまくった今年の夏。豪雨と台風12号の隙間を縫うように夏の甲子園出場校が決まった。

 石川県の決勝戦は星稜高校が22対0で甲子園出場。1試合で7本塁打。竹谷って3年生が4本、南保って3年生が3本。この南保クン、星稜の先輩ゴジラ松井の石川大会通算本塁打記録を塗り替えたんだそうだ。

 なんぼでも打つ南保クン、ゴジラの進化形態、ゴジラ2世! すげえな。打球がピンポン球のように飛んでったそうだ。この「過去の経験が役に立たないような現象」はどう説明すればいいんだ?

 以下、端役に至るまで妄想する東宝特撮映画。

 冒頭シーン。石川県の野球場で、星稜の選手が打ち上げたボールが、キ~~~~ンと舞い上がり、みんな唖然と見上げる上空ドローンの映像に続いて、毎晩NHKに出てくるメガネの気象予報士「斉田さん」のそっくりさん、実は本人が友情出演して「薔薇賀さい太」さん、真剣に日本列島の雲の画像を示しつつ、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る