• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

甲子園を襲う「ゴジラ2世」にどう立ち向かう?

「過去の経験が役に立たないような現象が起きる」と気象庁が発表しまくった今年の夏。豪雨と台風12号の隙間を縫うように夏の甲子園出場校が決まった。

 石川県の決勝戦は星稜高校が22対0で甲子園出場。1試合で7本塁打。竹谷って3年生が4本、南保って3年生が3本。この南保クン、星稜の先輩ゴジラ松井の石川大会通算本塁打記録を塗り替えたんだそうだ。

 なんぼでも打つ南保クン、ゴジラの進化形態、ゴジラ2世! すげえな。打球がピンポン球のように飛んでったそうだ。この「過去の経験が役に立たないような現象」はどう説明すればいいんだ?

 以下、端役に至るまで妄想する東宝特撮映画。

 冒頭シーン。石川県の野球場で、星稜の選手が打ち上げたボールが、キ~~~~ンと舞い上がり、みんな唖然と見上げる上空ドローンの映像に続いて、毎晩NHKに出てくるメガネの気象予報士「斉田さん」のそっくりさん、実は本人が友情出演して「薔薇賀さい太」さん、真剣に日本列島の雲の画像を示しつつ、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る