トルコ移籍へ秒読み? ドルト香川は代表も“戦力外”の窮地

公開日:  更新日:

「トルコリーグのビッグ3クラブは、いずれも最大都市イスタンブールが本拠のガラタサライ、リーグ優勝19回のフェネルバフチェ、香川に移籍オファーを出している優勝15回のベシクタシュです。トップ3の覇権争いは凄まじく、ベシクタシュは<同じ日本人選手を引き入れて来季は優勝してみせる>というライバル心を燃やし、それが年俸など好条件にもなっている」(サッカー関係者)

■ビッグ4の落日が…

 香川は「ドルトムントから出たくない」と話していると地元メディアは伝えているが、それには大きな理由がある。前出の関係者がこう続ける。

「イングランド、スペイン、ドイツ、イタリアにフランスが欧州5大リーグと呼ばれ、格の落ちるオランダ、ベルギー、ポルトガルなどよりもさらに格下のトルコとなるとどうしても<一線級から落ちこぼれた選手>と見られてしまう。たとえ活躍したとしても評価が割り引かれるし、4年後のカタールW杯では33歳とベテランの域にも達し、日本代表の選考にも影響する可能性がある」

 日本代表のビッグ4と言われたMF本田圭佑は豪州リーグ、英プレミアのFW岡崎慎司は欧州5大リーグ以外に移籍の噂が流れている。そして長友と香川は、2人ともトルコに都落ちだ。ビッグ4の落日が始まった――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る