人脈も豊富 石井一久GM就任で浮上する楽天次期監督の名前

公開日: 更新日:

 9月1日付で楽天のGMに就任する石井一久氏(44)が昨27日、本拠地の楽天生命パーク宮城で会見を行った。

「僕が心配な方もいらっしゃるかと思いますが、心配があるから楽しみもあると思います。結果とチームの充実度、成長を見ていただきたいです」

 独特の表現で、パの最下位に沈むチームの再建に自信を見せた石井GMは現役時代、ヤクルトからドジャース、メッツ、ヤクルト、西武と日米球団を渡り歩いた。のほほんとした風貌、語り口とは対照的に幅広い人脈を誇り、球界内では“やり手”として知られる。

「楽天の三木谷オーナーとは以前から定期的に食事を共にする仲で、最初は監督のオファーを受けた。それを『GMなら』と申し出て、話が進んだそうです。チームを思い通りにつくり、動かすなら監督よりGM。そういう計算ができる。西武での現役晩年から、後輩選手のFA移籍やメジャー挑戦の裏で石井の名前を聞くことがよくあった。相談に乗る以上のことをしていたんでしょう」(楽天OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  9. 9

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

  10. 10

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る