都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

選手は二足のわらじ 2ndキャリアに繋がる雇用形態を目指す

公開日:

「左足首を亀裂骨折していたのでプレーできなかった。それでもチームの一員として何ができるのか? 必死になって考えた。練習前のアップではコーチ補佐的に選手をサポートしたり、代表スタッフも少なかったので雑用係を務めたり……。息子を見ながら『ドーハの時のオレと同じことをしている』と見直しましたよ。何だか手前味噌ですいません(笑い)」

 浦安の練習時間は午前9時30分から同11時30分まで。各選手が昼食を済ませ、それから勤務先で仕事に精を出す。

「浦安にはスクールコーチ兼任選手が数人いますが、彼らが一番プロ契約の形に近いですね。大半の選手には、支援企業からのスポンサー料を(原資としてクラブから)給料の形で払っています。午後は仕事優先。アルバイトやフリーターではなく、引退後も社員として残れるように<セカンドキャリアにつながる雇用形態>を目指しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る