13連敗脱出し決勝へ 錦織圭がジョコビッチ戦に向け調整

公開日: 更新日:

 全米オープンで2年ぶりの4強入りを果たした錦織圭(28)が6日(日本時間7日)、あす(同8日)の準決勝に向けて調整した。

 チリッチとの準々決勝では第1サーブの精度を欠いて(成功率55%)苦戦しただけにジュニア選手を相手に約1時間、入念に打ちこんだ。

 準決勝の相手は元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)。過去17戦して錦織の4勝13敗。最後に勝ったのは2014年の全米オープン準決勝で、ここまで13連敗中だ。

 錦織はジョコビッチについて「(彼の)ディフェンス力はトップ。崩すのが一番大変な選手で、弱点がない」と苦手意識を隠さない。

 今大会のジョコビッチは初戦から熱中症を患うなど、万全なコンディションからは程遠い状態で勝ち上がってきた。準々決勝のミルマン戦も2時間49分の戦いを強いられたばかり。

 錦織も準々決勝では4時間超えの熱戦を繰り広げが、体調に不安のあるジョコビッチにどこまで食らいつけるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る