武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

「お客さんが死なないか心配」 錦織圭も憂える東京五輪

公開日: 更新日:

 今年最後のグランドスラム、全米オープンテニスが始まった。

 錦織圭は1回戦で左利きのビッグサーバー、23歳のマクシミリアン・マルテラーと対戦。攻めてファーストサーブのポイント率87%、守ってブレークポイントを与えぬ好発進だ。

 4年前に準優勝して相性のいい全米だが、昨年はケガで無念の欠場。2年ぶりの大舞台に、まずは運が後押しした。

 初戦の出番は最後の第4試合だった。しかも、その前の試合で日本でもお馴染みのファビオ・フォニーニが3時間13分のマラソンマッチをやってくれ、試合開始がトワイライトの午後6時49分と大幅に遅れた。これがラッキーだった。

 というのも、ニューヨークは猛暑続きで、この日は気温35度、湿度も78%。大会は午後1時に酷暑ルールを史上初めて男子に適用し、第3セットと第4セットの間に10分間の休憩を取る緊急措置を取った。それでもこの日だけで5人、2日間の1回戦で計9人の棄権者が出てしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る