武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

「お客さんが死なないか心配」 錦織圭も憂える東京五輪

公開日:

 今年最後のグランドスラム、全米オープンテニスが始まった。

 錦織圭は1回戦で左利きのビッグサーバー、23歳のマクシミリアン・マルテラーと対戦。攻めてファーストサーブのポイント率87%、守ってブレークポイントを与えぬ好発進だ。

 4年前に準優勝して相性のいい全米だが、昨年はケガで無念の欠場。2年ぶりの大舞台に、まずは運が後押しした。

 初戦の出番は最後の第4試合だった。しかも、その前の試合で日本でもお馴染みのファビオ・フォニーニが3時間13分のマラソンマッチをやってくれ、試合開始がトワイライトの午後6時49分と大幅に遅れた。これがラッキーだった。

 というのも、ニューヨークは猛暑続きで、この日は気温35度、湿度も78%。大会は午後1時に酷暑ルールを史上初めて男子に適用し、第3セットと第4セットの間に10分間の休憩を取る緊急措置を取った。それでもこの日だけで5人、2日間の1回戦で計9人の棄権者が出てしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る