復調著しい松山英樹 それでも消えないPO最終戦への不安

公開日:

 一方で不安材料もある。エースドライバーが決まらず、フェアウエーキープ率が良くないのだ。2日目は64.29%と修正してきたが、初日は50%と「暴れ始めた」キャロウエイドライバーは好不調の波が大きい。

 さらに8月第1週のWGCブリヂストン招待から6連戦目とあって疲労が蓄積。今大会のプロアマ戦は体調不良から9ホールで切り上げている。

 最終戦までは1週間のオープンウイークがあるが、ツアー選手権会場のイーストレークGC(ジョージア州アトランタ)のグリーンはクセのあるバミューダ芝だ。松山はパットに難があり苦戦が予想される。ツアー選手権の成績は初日首位発進だった16年大会は5位。それ以外は14年22位、15年12位、17年26位と振るわない。大会2日目に3位浮上も悩みの種は尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る