押し相撲が持ち味の大翔丸は特長らしい特長がないのが特徴

公開日: 更新日:

27歳・追手風部屋・西前頭9枚目

「欠点らしい欠点はないけど何かが足りない。そんな力士です」

 相撲記者も、こう言って苦笑いする。

 名は体を表すの言葉通り、背中を丸めた前傾姿勢を取りハズ押しで前に前に突き進む押し相撲が持ち味だ。かといって、突撃一辺倒というわけでもなく、タイミングよく左からいなして相手に横を向かせて、一気に詰める相撲も取る。

「正攻法の押し相撲プラス、いなしを得意としているとはいえ、三役を目指すには、もうひとつ、何かが欲しい。例えば、相手に付け入る隙を与えないスピードか、パワーに磨きをかけるか……。現状ではこれといった特長がない、印象の薄い力士です。その上、性格なのか本人のコメントも……。以前、前半戦で連勝し、好調の要因を聞いたら、『いやあ、何だかよく分かりません』ですからね。これでは記事になりませんよ」(冒頭の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  6. 6

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  7. 7

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    ウィーラー&高梨に続き オコエが楽天トレード“三の矢”に?

  10. 10

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

もっと見る