新プログラム披露の宇野昌磨 ロンバルディア杯SP首位発進

公開日: 更新日:

 平昌五輪銀メダリストが、まずは好スタートである。

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)が13日(日本時間14日)に開幕。男子SPで宇野昌磨(20)が104.15点で首位に立った。

 昨年のロンバルディア杯では、自己最高の104.87点をマークするなど、宇野にとって験のいい大会。安定した演技やジャンプで、今季から取り組む新プログラムを披露した。

 演技を終えると、笑顔でガッツポーズを見せた。

 今季のグランプリ(GP)シリーズで宇野は第2戦スケート・カナダ(10月26~28日=ラバル)、第4戦NHK杯(11月9~11日=広島)の2大会に出場予定。

 日本勢では他に友野一希(20)が75.47点で5位。女子SPでは平昌五輪6位の坂本花織(18)が49.91点で9位と出遅れ。シニア転向1年目の山下真瑚(15)は55.33点で5位につけた。ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)が65.69点で首位に立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る