安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

辰己涼介(外野手・立命大)“猛肩”はプロでもナンバーワン

公開日: 更新日:

 社会人野球の強豪・大阪ガスに近本光司という外野手がいる。小柄だが快足とパンチ力が光る外野手で、関西学院大を出て2年目の今季、都市対抗野球で快打連発、敏しょうな守備力を発揮してチームの優勝に大貢献。<MVP>を意味する「橋戸賞」を受賞して、今秋ドラフトで上位候補に挙げられている。

 そんな近本選手が、兵庫・社高で2年後輩の辰己選手をこんなふうに表現した。

「辰己ですか?……まったく意識してませんね。ボクなんかとは、まったく次元の違う選手になってしまいましたから」

 確かに、今年のドラフトの外野手ナンバーワンであることは、多くの人が認めるところだろう。

 特に、肩だ。プロにも、平田(中日)、鈴木(広島)、秋山(西武)……強肩外野手は何人もいるが、しかしどうだろう、今すぐプロに入っても、辰己の肩がナンバーワンではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る