武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

公開日: 更新日:

 全米オープン優勝によって、「ナオチ」こと大坂なおみはトップ10の壁を一気に越え世界7位に座った。来月16日に21歳、前途に大きな期待がかかるが、果たしてどんな近未来が待っているのか。

 世界を驚かせたのは、今年3月、米国西海岸インディアンウェルズで行われたパリバ・オープンだった。ナオチは1回戦のシャラポワを皮切りに、ラドバンスカ、プリスコバ、ハレプという現在のトップ選手をストレートでなぎ倒し、決勝でも同い年のライバル、カサキナをストレートで退けてツアー初優勝を飾った。

 ただの優勝ではなく、勝った相手が“半端ない”顔ぶれだった。翌週のマイアミでは出産からの復帰直後とはいえ、セリーナ・ウィリアムズを1回戦で退治している。

 現在のトップ10で勝っていないのはウォズニアッキとスティーブンスだけで、その2人とも五分に戦っている。勝てない相手がいないことは証明済みで前途洋々たるものがあるわけだが、その中で、あえて探せば、問題は2つある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  9. 9

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  10. 10

    菅氏の郷里の長姉は仕送りを証言…苦学して法大卒業の真偽

もっと見る