武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

公開日: 更新日:

 全米オープン優勝によって、「ナオチ」こと大坂なおみはトップ10の壁を一気に越え世界7位に座った。来月16日に21歳、前途に大きな期待がかかるが、果たしてどんな近未来が待っているのか。

 世界を驚かせたのは、今年3月、米国西海岸インディアンウェルズで行われたパリバ・オープンだった。ナオチは1回戦のシャラポワを皮切りに、ラドバンスカ、プリスコバ、ハレプという現在のトップ選手をストレートでなぎ倒し、決勝でも同い年のライバル、カサキナをストレートで退けてツアー初優勝を飾った。

 ただの優勝ではなく、勝った相手が“半端ない”顔ぶれだった。翌週のマイアミでは出産からの復帰直後とはいえ、セリーナ・ウィリアムズを1回戦で退治している。

 現在のトップ10で勝っていないのはウォズニアッキとスティーブンスだけで、その2人とも五分に戦っている。勝てない相手がいないことは証明済みで前途洋々たるものがあるわけだが、その中で、あえて探せば、問題は2つある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る