山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

公開日: 更新日:

 テレビを主戦場とする野球評論家は、プロ野球選手のセカンドキャリアとしては代表的な仕事のひとつだ。しかし、この道での成功とは、すなわちテレビ局にとって使い勝手の良い存在になるという側面もあるため、本来の野球評論からは逸脱してしまうことがある。

 例えば元ヤクルトの古田敦也氏は2004年のプロ野球再編騒動のときに日本プロ野球選手会会長として経営陣に立ち向かい、ストライキを主導したリベラル派という印象があったが、今夏に高校野球情報番組「熱闘甲子園」のキャスターを務めているときは少々がっかりした。ご存じ、現在の高校球界には過密日程や投手の酷使などさまざまな問題が取り沙汰されているにもかかわらず、古田氏はそういったマイナス面には一切触れず、ただただ球児の激闘ぶりを美しく称えるのみ。すっかり牙が抜けてしまったように見えたものだ。

 この「熱闘甲子園」は夏の高校野球を中継する朝日放送の番組であるため、その背景を考えると高校野球のマイナス面を批判しないのは当然だろう。よって、同局から報酬を得ている出演者も番組方針に従わざるをえず、いわゆる電波芸者になってしまう。その結果、現在のテレビには野球解説者や野球タレントはいても、野球評論家はほとんどいなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る