WTA最終戦は黒星発進 大坂なおみ“パワーと勢い”の限界露呈

公開日: 更新日:

 セリーナ・ウィリアムズから、大坂なおみの時代になるのかどうか。世界の実力者たちがそれを阻止するのか。

 そんな来季の女子テニス界の勢力図を占う意味でも重要な女子テニス最終戦、WTAファイナルで大坂なおみ(21=世界ランク4位)がいきなりつまずいた。

 22日の対スティーブンス(25、米国=世界ランク6位)戦。昨年の全米オープン覇者、頭脳的なプレーでうまさを持ち合わせたスティーブンスに対し、大坂は時速200キロ近いサーブを繰り出すパワーと今年の全米を制した勢いで挑んだものの、5―7、6―4、1―6で敗戦。中でも3セット目は凡ミスを連発、集中力もプツンと切れたように見えた。スポーツライターの武田薫氏がこう言った。

「大坂はここまで、パワーと勢いで押し切ってきた。3月に4大大会に次ぐ位置付けのインディアンウェルズ・マスターズを制し、全米オープンはセリーナ・ウィリアムズに勝って優勝した。世界のトップクラスの選手たちが、大坂のテニスをじっくり研究する時間がないまま頂点に立った。けれども、これからは受けて立つ立場です。スティーブンスはもちろん、今回のファイナルに出場している大坂以外の選手はいずれも、パワーよりうまさを備えている。トップクラスのテクニックをもつベテランたちが、大坂のパワーと勢いを何とか止めようと目の色を変えている。大坂はそんなベテランのうまさに屈したということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る