WTA最終戦は黒星発進 大坂なおみ“パワーと勢い”の限界露呈

公開日: 更新日:

 セリーナ・ウィリアムズから、大坂なおみの時代になるのかどうか。世界の実力者たちがそれを阻止するのか。

 そんな来季の女子テニス界の勢力図を占う意味でも重要な女子テニス最終戦、WTAファイナルで大坂なおみ(21=世界ランク4位)がいきなりつまずいた。

 22日の対スティーブンス(25、米国=世界ランク6位)戦。昨年の全米オープン覇者、頭脳的なプレーでうまさを持ち合わせたスティーブンスに対し、大坂は時速200キロ近いサーブを繰り出すパワーと今年の全米を制した勢いで挑んだものの、5―7、6―4、1―6で敗戦。中でも3セット目は凡ミスを連発、集中力もプツンと切れたように見えた。スポーツライターの武田薫氏がこう言った。

「大坂はここまで、パワーと勢いで押し切ってきた。3月に4大大会に次ぐ位置付けのインディアンウェルズ・マスターズを制し、全米オープンはセリーナ・ウィリアムズに勝って優勝した。世界のトップクラスの選手たちが、大坂のテニスをじっくり研究する時間がないまま頂点に立った。けれども、これからは受けて立つ立場です。スティーブンスはもちろん、今回のファイナルに出場している大坂以外の選手はいずれも、パワーよりうまさを備えている。トップクラスのテクニックをもつベテランたちが、大坂のパワーと勢いを何とか止めようと目の色を変えている。大坂はそんなベテランのうまさに屈したということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る